いくら費用がかかるの?誰が負担するの?  次へ

支援を受けるご本人が申立て

 

後見と違い保佐の場合は、ご本人が申立てをされることも多いと思います(保佐の場合はご本人の判断能力が残っている為)。費用は、印紙代等で8000円程、医師の鑑定代※、司法書士の報酬です。

 
      
(保佐について) 老後の安心設計としての保佐のススメ
保佐とは成年後見までは重度でなく、物忘れが多い又は簡単な計算ができないといった程度のものです。
成年後見と保佐との違いは、保佐人が代理できる権限をご本人と話合い決めることができる点です。
(費用について)
・【鑑定】は、申請の時に必要になる【医師の診断書】とは異なります。鑑定とは、医師の診断書が、本人の症状と矛盾がある場合等に裁判所の指示で実施されるものです。鑑定実施率は年々低下しています。
・司法書士報酬以外は、家裁の許可を得て本人の負担とできる場合があります(本人に資力がある場合等)。
・また、申立人の資力が少ない場合は、司法書士報酬を含めて法テラスの扶助を利用できる可能性があります。ただし、扶助を受けたものは後ほど返還する必要があります。(生活保護受給者は返還不要)
     
御自身のケースでは、本保佐制度は有用か、
今後費用はいくらぐらいかかるか等のご相談全般。
[ 事務所の案内と費用 ]  [ オンライン相談申込み ]
活用事例のページ 公正証書のページ 任意後見のページ 成年後見のページ 補助のページ