シンプルな案件と複雑な案件が同じ料金では納得できない。大阪市・平野区・住吉区・東住吉区・柏原市。

介護事業に強い顧問司法書士
[事務所の報酬]









申立の手順
1 いくら費用
2 準備するもの
3 内容を決定
4 公証役場へ
5 完了

いくら費用がかかるの?  次へ

死後事務委任契約書も「公正証書」で作成
 

公証役場の手数料として1万1000円および謄本代として3000円ほどかかる。これら公正証書遺言や死後事務委任契約は、任意後見契約とともに締結される事が多い。もちろん単独でも可能。

 
※ お願いする葬儀などの実費は別途、委任する方にお渡ししておく必要があると思います。
TOP | 次へ

福井がお手伝いできること
ご相談および、
費用の概算をお知らせします。
ご相談はこちらから